ニャンちゅうワールド放送局

毎週日曜日の夕方5時から教育テレビでやっている子供向け番組
です。民放の騒々しいバラエティやおじさん向けゴルフ中継から
チャンネルを替えると,ここだけ時間の流れを感じさせない「ゆるさ」
に,思わずリモコンのボタンを止めてしまいます。

登場するのは,ネズミの着ぐるみを着たネコの「ニャンちゅう」と
おねえさん。今は菊地美香さんがおねえさんですが,5年くらい前は
80年代中頃の大映テレビ系ドラマといえばこの人,伊藤かずえさん
が出てました。

ニャンちゅうは,ルックスにふさわしくないダミ声の持ち主で,最初
はルー大柴が声をやっているのかと思ったほどでした。

番組の中身は,日本語の吹き替えを乗せた海外の子供向け番組
を何本か放送するというもの。「ピングー」やディック・ブルーナの
アニメ,全身がシマシマ模様の着ぐるみキャラ3人が出てくる「フィン
ブルズ」などです。番組と番組の合間に,ニャンちゅうとおねえさん
の掛け合いや絵描き歌が入ります。

「フィンブルズ」を見ていると,登場するキャラが黄色と緑のシマシマ
だったり,ピンクと黄緑のシマシマだったりで,日本の色彩感覚とは
随分違うものだと感心します。こんなゲテモノを3歳かそこらの子供
に見せていいのか?と思ってしまいます。ディック・ブルーナのアニメ
も,日本のアニメに慣れてしまっていると,ストーリーがとても平板に
思えます。

それでも,子供にとっては面白いようで,Sakibonは,バラエティや
ゴルフ中継を点けている時には寄っていきませんが,ニャンちゅうに
チャンネルを替えるとテレビの前に寄っていって一生懸命見ています。
[PR]
by super_gomataro | 2007-03-10 22:06 | こども
<< 桜はまだか キャラ弁,引き続き >>