24か月点検

今回はティーダではなく「家」の話です。

早いもので,この3月で竣工2周年を迎えました。で,竣工
(引渡し)から2年で建設会社の24か月点検があります。

昨年3月の竣工1年の時には12か月点検がありましたが,
この時は,ツーバイフォー用ビスの強度偽装事件があった
こともあり,第三者にもチェックをしておいてもらおうと思い,
さくら事務所という不動産コンサルタント会社に床下・基礎
から内装,外装まで見てもらいました。約4時間で8万円の
料金で家の隅から隅まで見てくれたり,ホルムアルデヒドの
濃度測定をしてくれたりして,最終的にはA4で10枚程度の
レポートを提出してくれました。

素人には気が付かない,でも修正しておいてもらわなければ
ならないような指摘事項があって,最初,8万円の出費は
正直辛いなぁ... と思っていたのですが,大変良かったです。

本当は,上棟や竣工検査の時など家財道具がまだ運び込ま
れていないタイミングでチェックしてもらうのが良いそうです。
家を買われる方には,家を建てる建設会社や工務店との信頼
関係があるとは思いますが,後々のトラブルの防止を考えると,
この「第三者によるチェック」,お勧めです。

で,24か月点検は... もう25か月になってしまいますが,
家も2年経つと,クロスの剥がれや建付の不具合が随所に
現れてきて,それをまだリストアップしていないので,日程は
未定です。(^^;)

我が家のリビングは,11畳程度の天井に電球型蛍光灯の
照明を1つ付けて,ダウンライトを9つ埋め込んでいます。
それに,吹き抜け部分にスポットライト2つ付けて,「なんちゃ
って間接照明」にしています。

ダウンライトは「蛍光灯だけだと暗いんじゃないかな」と思い,
付けて(埋めて)みたんですが,建設会社の担当者からは
「天井が穴だらけになってしまいますよ。」と言われてしまい
ました。(苦笑)

普段は,電球型蛍光灯とスポットライトを使っています。
ダウンライトは白熱灯型で,リビングで写真を撮る時や,
パーティーでケーキのロウソクの火を消す時に使って
います。

家を建てるときって,照明器具一つ決めるだけでもメーカー
のショールームを2つも3つも回らなければならなくて,
その時は「あ~っ,面倒くさっ。早く終わらないかなぁ... 。」
と思っていましたが,今思い出すと,楽しい思い出になって
いて,自分達で選んだ住宅設備って,一つ一つに思い入れ
がありますね。
[PR]
by super_gomataro | 2006-04-06 21:06 | くらし
<< 自動車保険 平井さんの指示棒 >>